何もしない贅沢

インドネシアにいたとき、平日は主人は仕事でした。
朝、いっしょにモーニングを食べ主人を送り出すと
ホテルなので何もすることがありません。
日本のテレビは観ることができるようになっています。
ニュースだけ見たらあとは観るものもなく
ホテルのwifiはなぜかわたしのiPadに繋がらず
ネットもできませんでした。

完全な自由時間の中で
窓の外の景色を眺めたり読書をしたり
刺繍をして過ごしました。

b0214791_09491694.jpeg
キットを買ってほったらかしていた
こぎん刺しのがま口ポーチです。
片面だけ完成しました。
この刺繍はインドネシアにいたわたしの時間
そのものです。
夫の帰りだけ待っていた幸せな時間の
かたまりです。

b0214791_09532059.jpeg
b0214791_09535929.jpeg


[PR]
# by gorochanmama | 2018-08-16 09:54 | つぶやき

無事帰国しました

インドネシアから無事帰国しました。
ひとりで行くのは本当に不安でしたが事前に夫から
過保護すぎるほどの空港での手続の仕方など
指導がありなんとかなりました。

インドネシアは大阪よりずっと涼しくちょっとした
避暑でした。
イスラムの国ということで恐いんじゃないかと
変な先入観がありましたが
人々は陽気でフレンドリー、とても親切にしてもらいました。
台湾と違いインドネシアは明らかに異国で
日本人のわたしはすぐ外国人とわかる感じでした。

b0214791_23425487.jpg
あちこちに咲くブーゲンビリア、ジャスミンの花
見たこともないお花や木。。そんなものに毎日目が釘付けでした。

b0214791_23432524.jpg
二日間旅行したジョグジャカルタ
インドネシアの美しい古都です。
マリオボロ通りで馬車に乗りました。
b0214791_23431108.jpg
大きなガジュマルの樹がそばにあるムンドゥット寺院
b0214791_23434545.jpg
世界遺産 ボロブドゥール

とにかく濃い一週間だったので
自分の思い出として日記を残せたらと思います。


[PR]
# by gorochanmama | 2018-08-15 23:56 | おでかけ

いまあいにゆきます

夫のインドネシアへの単身赴任から4ヶ月ちょっとたちました。
この夏休みは仙台の次男が大学院入試のため帰省しないことや
娘が部活の合宿でいないことが重なり
ひとりで一週間ほどインドネシアの夫に会いに行くことにしました。

空港への道順も危ういわたしなので
無事にインドネシアに行けるのか?
羽田経由なのでややこしい・・
不安で一杯ですががんばります。

夫はホテル住まいなのでそこに宿泊します。
平日は仕事なので部屋でお留守番し
土日はミニ旅行にいき、世界遺産の遺跡などたくさんみてきます。

b0214791_18530901.jpg
















↑夫の住んでいるホテル
ジャカルタから車で2時間ほどの地方都市
近くにはバナナ農園があり牛や羊や鶏が放牧されているそうです

[PR]
# by gorochanmama | 2018-08-06 18:56 | つぶやき

花みずき

主人が単身赴任してひと月たちました。
桜の季節からどんどん季節は進み
花みずきがきれいです。
b0214791_21223396.jpeg
買い物や図書館に行く道の花や風景を撮って
夫に送ります。
b0214791_21263320.jpeg
夫もインドネシアの風景や食べ物など
毎日送ってくれます。
LINEというものがあってほんとうに
よかったです。
文字通り一本の線で繋がっているようです。
b0214791_21270682.jpeg
4月には入籍記念日があり
結婚28周年を迎えました。
思えば夫が社会人1年目の時は会社の寮暮らしで
遠距離恋愛だったし
10年前には台湾に単身赴任をしていました。
わたしたちは最初からそういう運命だったのでしょうか。

次に生まれ変わったら二度と離れ離れにならない
人生を送りたいです。
b0214791_21283748.jpeg
夫と離れ離れになった喪失感が大きくて
パンやお菓子も焼けなくなり
ブログも更新できなくなりました。
このブログは幸せの足あとを残すものでした。
ネガティブなことばかり書くのは
本意ではありません。

しばらくお休みをいただきます。
今までありがとうございました。
みなさま、どうぞお元気でいてくださいね。



[PR]
# by gorochanmama | 2018-04-30 21:37 | つぶやき

桜さんぽ

夫がインドネシアに赴任する前に桜を見せてあげたい。
そう願ってきました。
神様はわたしの願いをきいてくださって
夫は満開の桜の咲く日に赴任しました。

b0214791_21372235.jpg
スーツケース二つ持っていたので
空港まで送りたかったけど夫に拒否されました。
泣いてるわたしをひとりで帰せないと・・
駅まで娘といっしょに見送り
代わりに息子が空港まで送ってくれて助かりました。
b0214791_21374611.jpg
赴任の前日の晩、毎年お花見に行くところに
夜桜を見に行きました。
ブルームーンの月と桜がほんとうにきれいで
一生忘れられないお花見になりました。
b0214791_21373229.jpg
翌日ひとりで行ってみました。
桜をみながら涙があふれてとまりませんでした。
b0214791_21371036.jpg
ウォーキングが趣味だった夫は
いつも出先から花や風景の写真を送ってきてくれました。
今思えばいっしょにわたしと見たかったのかなと
思います。
b0214791_21365792.jpg
わたしもきれいな花、風景
夫と一緒に見たかったなと思います。
いつまでも一緒に同じ風景を見ていけると
そう思っていました。
b0214791_21362337.jpg
わたしたちはお花見夫婦でした。
さくら チューリップ バラ
あじさい ひまわり 紅葉 雪景色
四季折々に美しい風景を見に行くのが
楽しみでした。

四季のない国に行ってしまった夫
これからはわたしが一緒に見たかったと思う
風景を夫に送りたいと思います。
b0214791_21363952.jpg


[PR]
# by gorochanmama | 2018-04-03 22:02 | つぶやき